70歳のお祝い、古希に古希祝いとして食事会をしましょう

日本には昔から長生きしている人を敬い、祝う行事が多くありました。その大半は今でも風習として残っており、高齢化社会を迎え長生きすることが一般的になってきた今でも行われています。そのお祝いは60歳に行われる還暦がもっとも有名なものですが、その次に祝われるものとして、70歳のお祝い、古希というものがあります。 この古希祝いは実はかなり歴史が長いものと言われています。その由来は中国の唐代にまで遡り、当時の詩人だった杜甫が「人生七十古来稀なり」と詠んだことが発祥と言われています。ちなみに、古希はこのように歴史が長いものですので、実際には現在よく使われる満年齢ではなく数え年で70歳の時にお祝いを行います。ですので、実際には69歳の年に古希祝いをするのが正式なものと言えます。そして名入れ白ワインなどを贈ると喜ばれます。

もちろん、お祝いですから気持ちが大事なので、今では満年齢で70歳になる年に行うという場合も増えてきています。 そして実際の古希祝いですが、せっかくの区切りの歳ということで、家族だけでなく親戚を呼んで食事会などを行う場合が多いようです。特にお孫さん、ひ孫さんがいらっしゃる場合は、普段なかなか集まれない親戚たちが集まることでお互いのコミュニケーションもはかれますし、本人の喜びもより大きくなるようです。 またその際には、ぜひとも皆で事前に話し合って古希祝いのプレゼントも贈りたいところです。古希に贈るプレゼントとしてはさまざまなものがありますが、定番としてはメッセージ入りのものが選ばれているようです。例えばお酒を飲まれる方ならば、酒器などにメッセージが彫りこまれたものが喜ばれます。毎日使うことでお祝いを振り返ってももらえるので、贈る側としてもうれしいところです。 他には、お花が好きな女性の方の場合にはプリザーブドフラワーも喜ばれます。プリザーブドフラワーは生花と同じように美しい見た目ながら、水やりなどの世話がほとんど必要ないのが特徴です。この際にもメッセージを添えるとより喜ばれるでしょう。因みに77歳は喜寿ですが喜寿について良く知らない場合はこちらと参考にしてください。

アラバマ州

アラバマ州の歴史

クリーク族

その他